登山の水分補給と消費エネルギーの計算式
 
長時間の登山でバテずに歩き通す3原則
ゆっくり歩く、 水分と食べ物を十分とる、 脚力を鍛えておく
 
登山の予測式 <山本正嘉教授・鹿屋体育大>
 項 目 計 算 式
1  脱水量(ミリリットル) 体重(kg) x 登山時間 x 5
例・白山の場合 別当出合から白山の頂上(7Km)まで 60kgの人が 8kgのザックを背負って登ると
 登りの水分補給は 60x5x5=1500 ミリリットル
 下りの水分補給は 60x3.5x5=1050 ミリリットル
 往復では 登り1500+下り1050 =2550 ミリリットル

 白山では中飯場、甚之助避難小屋、室堂、南竜ヶ馬場で水の補給が出来る
  (過去には水不足のため室堂で補給出来ない時があった)
2  登山中に消費するエネルギー(キロカロリー) (0.03x時間〔分〕+10x累積登り標高差〔km〕+0.6x累積下がり標高差〔km〕+0.3x歩行距離〔km〕)x(体重〔kg〕+荷物〔kg〕)
例・白山の場合 (0.03x300+10x1.452+0.6x1.452+0.3x14)x(60+8)=1944
登りで 1944 キロカロリー

HOME  戻る